昨日の母親との会話

その駐輪場の壁|イメージ

 昨日の母親との会話から、この部屋の何処かに彼女が書いた日記があるはずだ。もう一度その部屋を見渡してみる。机の上にはパソコンがあった。ノートタイプではなくてデスクトップのものだ。それ以外には日記を入れて有りそうなものは無かった。

 本棚は几帳面な性格なのだろう本の高さが揃えてある。きれいに並んだ本を眺めたが、気になる本はない。日記はベッドの下? いやそんなところは家族が既に探しているだろう。となると机の上のパソコンがあやしい。パソコンがある以上、日記をその中にファイルとして保存してあっても不思議ではない。この母親はパソコンの中を見なかったのだろうか。

「児玉さん、このパソコンの中は見られましたか」

「私そんな機械が苦手でして、主人に頼んで見て貰ったのですが、それらしいものは無いと」

「そうですか。念の為に内容を確認しても宜しいでしょうか」

「ええ、どうぞ。ご自由に確認してもらって結構です」

 本体の電源ボタンを押した。微かな機械音を放ちながらパソコンは起動を始めた。1分も掛からずにアイコンを選択する画面へと変わった。

その画面の『私』と

セミナー情報・ロゴマーク
セミナー情報・発信サイト
セミナー情報・発信サイト

 セミナー情報のサイトを運営しています
 セミナーを嫌がる人がいますが、真面目に参加されると
 人生が変わるほど、生活の質が向上いたします。